TOP店鋪紹介注文会社概要
駅弁 お弁当 お祝い ご法要 盛合せ料理 パーティー
駅弁
伊豆龍馬飛翔会席膳 930円(税込)
坂本龍馬と伊豆下田の縁、あまり知られていませんが、下田は脱藩の罪を背負った龍馬が師である勝海舟の助けをかりて、土佐藩主山内容堂より正式に土佐から飛び立つことの赦された飛翔の地になります。夢へ向けて舵をきろうとしていた龍馬と下田をたたえ、会席膳八品をご用意しました。是非、下田の海と共にお楽しみください。
伊豆龍馬飛翔会席膳
お品書き
金目鯛の酒蒸し・和風餡
鰹の昆布巻き
野菜と伊勢海老の煮こごり
海老のアメリカンソース
鶏のつくね焼きと玉子焼き
人参煮、筍と蒟蒻と椎茸の土佐煮
里芋田楽
御飯(瓢箪・扇)香の物
 
龍馬は長崎から京都に向かう船の中で船中八策と呼ばれる新国家建設の方針をまとめ、その多くは死後に実現されました。龍馬の功績と勝海舟との師弟愛を讃え、八品の会席膳に仕上げました。
山内容堂が好んで飲んでいたと言われるお酒(剣菱)で金目鯛を酒蒸しにしました。
蝦夷地開拓を夢見た龍馬に思いをはせ、北海道の昆布に、龍馬の出身地土佐の名物で、下田でもかつて漁が盛んだった鰹を巻いて柔らかく煮ました。
宝福寺で山内容堂は脱藩赦免の証に、白扇に瓢箪の絵を描いたエピソードから御飯を型取りました。
伊豆下田は坂本龍馬の活躍の原点だった
 1863年1月、第15代土佐藩主、山内容堂をのせた「大鵬丸」は嵐に見舞われ、下田港へ一時避難した一行は宝福寺へとどまっていた。 一方、、勝海舟の率いる幕船「順動丸」もやはり嵐のため、下田港へ入港した。この運命の嵐により、坂本龍馬脱藩赦免の鍵を握る山内容堂と、 龍馬を自由にしたいと願う勝海舟が偶然にも下田で出会うこととなった。容堂に酒席へと招かれた海舟は龍馬に一番近い三人を共に連れ、宝福寺 での謁見に参上した。海舟は龍馬らの脱藩の罪を許して自分に預けてもらえるよう願い出た。それは命がけの嘆願であった。

容堂はそんな海舟を試すため、海舟が酒を飲めないことを承知の上で「この盃の酒を飲み干したら願いを聞いてやろう」と、盃を差し出した。 すると海舟はそれを臆することなく飲み干した。手を叩いて喜ぶ容堂に対し、海舟は酒席での約定のため、許されたとする証に容堂の持っている (酒を入れている)瓢箪を頂けないかと申し出た。

それを聞いた容堂は、「この瓢箪はやれんが、これを代わりとせよ」と白い扇に瓢箪の絵を描き、その中に「歳酔三百六十回 鯨海酔侯」と記して 手渡した。
翌二月、謹慎後正式に脱藩は赦免された。龍馬は伊豆下田の宝福寺で、手かせ・足かせを振り払い、正に天馬となって飛翔した。